〒870-1123 大分県大分市寒田池添1036-1 豊肥本線「敷戸駅」徒歩5分
        別府市・由布市・竹田市・豊後大野市・臼杵市の総合歯科医療なら
駐車場
完 備
ご予約・お問い合わせ
097-569-0021
9:30~13:30/14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
template : page.php

顎関節症

2019年3月18日

顎関節症の合併症

整形外科、脳神経科、耳鼻科、眼科などを受診し、原因不明と診断された、めまい、ふらつき、耳鳴り、睡眠障害、無呼吸症候群、頭痛などの多くは顎関節症の合併症です。
人間は夜間、ノンレム睡眠という全く無意識状態のときに食いしばりを行いますが、噛み合わせが悪い人、奥歯のない方はより大きな力で食いしばり歯ぎしりします。毎晩のように食いしばりを行うことで、知らずに顎の関節疲労、首コリ、頚椎の歪みをもたらします。そのため脳髄液の循環の悪化が起こり、耳の三半規管に悪影響を与えます。結果、めまい、ふらつき、耳鳴り、不眠などの症状があらわれます。近年、睡眠障害は認知症のリスクを高める可能性が高いことが明らかになってきました。それ以外にも、頭痛、脳梗塞、脳出血なども歯の噛み合わせが原因の可能性があります。
慶応義塾大学病院の疫学調査によると、あごに何らかの症状を持つ人は国内人口の7~8割に上るそうです。自身で判断する目安として、指で耳たぶの下を押してみて痛ければ顎関節症の可能性が高いです。
他の診療科目で原因不明とされためまいなど首から上の疾患が、最後にたどりついた当医院でかみ合わせを調整し、顎関節症の治療をしたら改善したという患者さんは少なくありません。人には起きているときの噛み合わせと睡眠時の噛み合わせがあり、寝ているときも奥歯がしっかり噛みあう必要があります。徳丸歯科ではマーテルスプリント(マウスピース)療法と顎や首をほぐすマッサージ、食生活のアドバイスを組み合わせて治療します。原因不明の症状等がございましたら、早めにご相談ください。